■ホンキ系インターンシップとは?

コラボキャンパス三河が提供するホンキ系インターンシップは
長期実践型インターンシップで類い稀な成果を出している岐阜のNPO法人G-netと連携して、
提供するインターンシップです。
ホンキ系インターンシップは大学生を主な対象とする新たな教育プログラムです。
ホンキ系インターンシップでは、地域の経営者の下に弟子入りする形で
約半年間の間、その組織に仲間入りし、実践的なプロジェクトを任されます。
今までのホンキ系インターンシップに挑戦した若者は
経営者と共に自分で設定した目標への挑戦を通して、
主体的な思考・行動特性を身につけてきています。

夢を描き、その実現に向けて努力する経営者と共に過ごす半年間は、
「学問」や「仕事」、場合によっては「人生」の捉え方を大きく変化させる機会になります。
そして、ホンキで過ごした半年間は、その後の人生も繋がる「師匠と弟子」の関係を
作り上げてきています。

地域で働く大人の生き様を通して、自分を成長させる教育プログラム、
それが「ホンキ系インターンシップ」です。

■他のインターンシップとの違いは?

1.アルバイトとの違い
アルバイトは決められた時間の中できめられた仕事をこなし、その分の給料をもらうパートタイム制。
一方ホンキ系インターンシップは経営者に弟子入りし、経営者と共に事業に挑戦します。
目標を達成するための方法を考えて、仕事を組み立て、スケジュールに落とし込んでタスクをこなす等、
自らの手で仕事を作っていくのがホンキ系インターンシップです。

2.一般的なインターンシップとの違い
一番違うのは期間。
一般的な日本のインターンシップは約2週間の短期間ですが、ホンキ系の場合は半年から一年半!
えっ?長すぎる?最初は誰でもそう思いますが、考えてみてください。
あなたが会社の経営者だったとしたら、2週間しかいない学生に事業を任せることなんてできるでしょうか?
長期間だからこそできる仕事、時には壁にぶつかることもありますが
だからこそ、それを乗り越えた時の達成感は言葉に出来ないほど。
あなたもチャレンジしてみませんか?

diff
3.他の地域との違い
コラボキャンパス三河での受入企業は、岡崎市を中心とした三河地方の企業。
三河地域特有の課題に立ち向かう個性的な経営者ばかり。
例えば、正社員42名で、自社ブランドを作り、販路を全国、海外に広げようとする工作機械商社。
それから、毎年倍々成長を見せている、グローバル人材を育てる幼稚園。
岡崎で街づくりを行う街づくり会社や、街づくりNPOなど。
他にも、魅力的な企業がまだまだたくさんあります。

■ホンキ系インターンシップを通じて学生が得られるものは?

・実社会で挑戦し経験することで得られる達成感
・多様な職業観の醸成
・大学の学びを実体験として理解する機会
・主体的・積極的な行動特性
・お互いに刺激を与え成長を応援できる仲間

■ホンキ系インターンシップの評価
連携先であるG-netが実施しているホンキ系インターンシップは高い評価を得て、
2012年のものづくり日本大賞優秀賞に優秀な人材育成の仕組みとして取り上げられるまでになっています。

■コラボキャンパス三河のインターンサポート体制
1.相談できる仲間
実際に長期実践型のインターンシップを走り抜けたインターンOBOGやG-netのコーディネーター、
それから、共に動機で頑張るインターン生など、同じ悩みを抱えた事がある人のアドバイスは
あなたの成長を加速させてくれます。

2.充実した研修会
月に一回の研修会では同期の仲間と問題点を共有し、解決の糸口を探ります。
同じ悩みを持った仲間が見つかり、新しい繋がりが生まれることも。ぶつかった壁を乗り越えていく絶好のチャンスです。

■コラボキャンパス三河のコーディネーター
ホンキ系インターンは、コーディネータもホンキ系!
豊かな経歴を持つコーディネーターが、インターン開始から修了までがっちりサポート!
業務上の悩みや学校との両立についてなど、いつでも相談にのります!

<new!>コーディネーターの松林がTEDxNagoyaUにて、スピーチを行いました。



<コーディネーター:松林康博>
・座右の銘 「チャンスの女神には前髪しかない」
・趣味 サッカー観戦、ロードレーサー、テニス

IMG_6110
<経歴>
大学生時代にインターンシップを行い、その時にネット販売事業の立ち上げに関わり、
それがきっかけで、プログラマーの道を辿る。その後、食品通販でエンジニアから人事へと異動。
約数千人の選考経験と人の評価を決める人事考課、研修、社内制度の構築などを担う。
NPO法人G-netで、半年間インターンシップコーディネーターを経た後、
コラボキャンパス三河の創設メンバーに。

<メッセージ>
大学生の時間程、自由に使える時間というのは、今後の人生において少ないと思います。
それを何に費やすかは個人の自由です。ですが、それを成長に使いたいと思うなら、
インターンシップをおススメします。
人が成長するために必要な三要素は、「基礎理論」、「実践できる環境」、「諭す人」です。
基礎理論は、本で学ぶ事が可能ですが、「実践できる環境」、「諭す人」があるのは
インターンシップだけ。コラボキャンパス三河では、最高の実践環境と最高の師匠にこだわります。


Leave a Reply

  • (will not be published)