ホンキ系インターンシップに参加するまでの流れ

i-flow

1.インターンシップフェアに参加

ホンキ系インターンシップに参加するには、まず一番初めにインターンシップのマッチングであるインターンシップフェアに参加することをおススメします。フェアの開催期間は年二回。5〜6月の夏期と11月〜12月の春期です)
インターンシップフェアの当日は、インターンシップ受け入れ先の経営者やインターンシップ経験者の声を聞くことが出来ます。
フェアの最新情報は以下の画像をクリックしてください。
fair

もし、インターンシップフェアの期間に該当しない場合は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

2.キャリア面談

「まだ、インターンシップをすると決めた訳じゃないんだけどごり押しされたらどうしよう?」、「キャリア面談って、そもそも何を話せば良いの?」、「キャリア面談にお金はかかるの?」
そう思うのも当然です。コラボキャンパス三河では、いきなりインターンシップをおススメすることはしません。このインターンシップの特徴である半年間は、無理に実施してもらうには長い期間だからです。
キャリア面談では、採用の担当経験があるコーディネーターによって将来のなりたい自分の姿や、なりたい自分に近づくために必要な経験を洗い出していきます。今まで面談をした子からは、「インターンシップはしないけど、次にすれば良いことが分かった」、「何のためにインターンシップをするのか良く分かった」、「将来の自分とインターンシップが結びついた」という声をよくいただきます。
インターンシップする、しないは別として、大学生・短大生(それに準ずる学生)にお金はかかりませんですので、ご気軽にお申し込みください。

3.インターンシップに関する相談

キャリア面談を基にして、インターンシップに更に興味関心を持った時には、コーディネーターが具体的なインターンシップの相談にのります。「どこでインターンシップするのがいいの?」、「学校やサークル、バイトとの両立は?」、「インターンシップしたら、就活には有利?」数々の疑問にお答えします。
大学との両立に関しての詳細はこちらへ

4.面接準備

インターンシップ先を決めた後は、面接があります。面接にはエントリーシートを書いてもらいます。
「えっ、エントリーシートって何?」、「就職活動するときに書く奴じゃないの?」
その通りです。ホンキ系インターンシップでは、大学一年生、二年生と言うエントリーシートを書いたことがないのために、面接官経験豊富なコーディネーターがサポートにつきます。就職活動前の良い訓練にもなると思います。

5.面接

エントリーシートが書き上がれば、コーディネーターと共に経営者のところへ面接に行きます。
「私面接したこと無いんですけど…」大丈夫です。ホンキ系インターンシップ経験者の90%以上は
面接をした経験がある子はいませんでした。上手に話そうとせずに、自分がどんな人間なのかを知ってもらうことを意識してお話ししてください。

6.インターンシップ開始

面接に合格したら、いよいよインターンシップ開始になります。
インターンシップフェア(5〜6月or11月〜12月)が開催されてから、おおよそここまでで
1ヶ月くらいの期間になります。


Leave a Reply

  • (will not be published)